キャバクラ派遣と体験入店が最も違うのは、目的が異なる点にあります。

体験入店との違いからキャバクラ派遣の優秀さを解説

体験入店は最終的にお店に入店することを前提にお試しで働くことを指しますが、キャバクラ派遣にはそういった前提はなく、1度限りの仕事となります。

体験入店とキャバクラ派遣の違い

ピンクと緑色の2つの4角形が並んだ画像

キャバクラにはほとんどのお店で体験入店という制度が取り入れられています。
女性がお店の雰囲気や仕事内容がどうなっているかを体験できる制度です。
雰囲気が合わなければそのまま別のお店を探すことも出来ますし、本採用されて働くことも出来ます。
お店側も女性がしっかりと働けるかどうかを見極める良い時間なので、お互いにメリットがある素晴らしい制度です。

では、体験入店とキャバクラ派遣では、どのような違いがあるのでしょうか?
似ているようでまったく異なる2つを、様々な視点で比べてみましょう。

スタートの違い

気になる給料面ですが、体験入店もキャバクラ派遣も時給に大きな差はありません。
体験入店、キャバクラ派遣共に時給は3000円から5000円が相場になっています。
体験入店の方が女の子の容姿レベルなどによって時給の変動幅が大きく、場合によってはキャバクラ派遣よりも高い時給が発生します。
支払いも全額日払いなので、お金に困っている女性にとっては非常に助かるでしょう。

体験入店とキャバクラ派遣の違いが出るのは、しっかりと働き始めてからです。
体験入店が終わればそのままお店に在籍するキャストとして働き始めることになります。
そうなればその後はお店のルールに従ってシフトを組み、ノルマなども課されていくことになります。

一方のキャバクラ派遣では、仕事をする日はすべて自分の気分次第で決められます。
平日の夜すべてに仕事を入れることも可能ですし、月に1回だけ働くというスタイルも実現出来ます。
働きたいと思った時に仕事が出来るので、キャバクラ派遣の方が自由度が高いでしょう。
ただし、希望する条件の仕事があるかどうかは分からないのが難点です。

お給料の違い

次に給料面についてです。
体験入店が終わったキャバ嬢は、本人の売り上げ次第で給料がどんどん変わって行きます。
指名が無くボトルも入らなければ給料が下がりますし、売り上げを出せば月に100万以上のお金を稼ぐことも十分可能です。

キャバクラ派遣ではそうしたキャバ嬢ドリームは存在せず、基本的には最初の時給のまま働き続けます。
お店の売り上げに関わらず、一定の時給で仕事が出来るため安定感は抜群です。
大金を稼ぐチャンスは少ない代わりに、時給3000円以上の安定が手に入ります。

働くまでの違い

体験入店とキャバクラ派遣では、そこに掛かる手間が大きく違います。
一般的な体験入店の場合、まずは面接に応募しなければなりません。
そして実際にお店へ赴いて面接を受け、履歴書を提出したり従業員名簿を書いたりする必要が出て来ます。
そして原則として、同じお店で体験入店出来るのは1回のみです。

ですが、キャバクラ派遣の方は最初に派遣会社への登録さえ済ましてしまえば、今後はどこで働こうと履歴書等は不要です。
時給交渉の必要も無いので、気楽に安心して働くことができるでしょう。
面接は派遣会社の1回のみで、派遣されるお店でいちいち面接することはありません。
体験入店の場合は、働くお店を変えたら応募から面接までの流れを毎回辿らなければならないので非常に手間なのです。

スタッフの違い

他には、お店のスタッフの人の対応やキャバ嬢の反応が変化する場合もあります。
一般的に店長や男性スタッフは、体験入店であろうと派遣キャバ嬢であろうと、優しく接してくれる場合が多いです。
ですが、在籍するキャバ嬢の反応は少し変わります。
体験入店に対するキャバ嬢の態度は、今後一緒に働く可能性があることから仲良くなろうという雰囲気が出ます。

しかし、派遣キャバ嬢の場合はその日限りしか会わない相手となるので、無視されたり無関心だったりすることも稀にあります。
体験入店の女性よりも少し扱いが雑になることはある程度覚悟しておきましょう。
ですが、せいぜい数時間しか一緒に居ない相手です。
割り切った関係として大人の対応をするのが正しい態度となるでしょう。

体験入店とキャバクラ派遣には、こうした違いがあるのです。
そのお店で長く働きたい気持ちが強ければ体験入店を経て入店するのが良いでしょう。
空いた時間にお金を稼ぎたいだけならキャバクラ派遣の方が、自由度の高いライフワークバランスになります。

キャバ嬢になるのが夢だった、キャバ嬢として本気で稼ぎたい、そんな人は気になるお店に体験入店がおすすめです。
昼間や学校が休みの時、空いた時間に効率よくキャバクラで稼ぎたい人はキャバクラ派遣が最適でしょう。
2つの最も違うのは目的が異なる点にあるのです。

1つのお店で働くには、キャバ嬢としての資質はもちろんですが、何よりも強い精神力が必要になります。
在籍キャスト同士のいがみ合いがあればなおさらですが、たとえ表面上仲よかったとしても、どこかしらで競争意識は働きます。
そうした世界で生き残るには強い精神力と、強い心が必要になるでしょう。
人間関係の問題はずっと付きまといますし、ストレスが溜まって散財するようなケースもあります。

そうした点でキャバクラ派遣は非常に優れています。
派遣で行くお店は自分で選べるので、嫌なお店で繰り返し働くことはありません。
人間関係もその場限りのものになるので、複雑な問題を抱える心配がありません。
2つの違いを理解して、自分に最適な選択肢を取るようにしましょう。