キャバクラ派遣の女の子の仕事はメインのキャバ嬢のサブ、ヘルプのためスキルが身につかないデメリットがあります。

キャバクラ派遣で働く際に知っておきたいデメリット

キャバクラ派遣でのデメリットは月数百万のような大金を稼げないことです。飛び抜けた額を稼ぎたい女の子には向いてないかもしれません。

キャバクラ派遣のデメリット

ショックを受けている女性

自由に働けて指名ノルマも存在しないキャバクラ派遣は、一見するとメリットしかありません。
ですが、世の中にはメリットだけの職業などは存在しないのです。
ここではキャバクラ派遣のデメリットについて触れてみたいと思います。

がっつり大金を稼ぐのは難しい

まず、念頭に置いておく必要があるのが、月何百万もの大金を稼ぐことは難しいという点です。
キャバ嬢と言えば、膨大なお金を稼ぐイメージがあるのでは無いでしょうか?
少なくとも、毎月数百万を稼げる可能性を秘めてる職業なのは間違いありません。
しかし、これがキャバクラ派遣になると、毎月数百万を稼ぐのは不可能でしょう。
キャバクラ派遣は、あくまでもお店が忙しい時に一時的なヘルプに入ってもらうための仕組みです。
一時的なヘルプのキャバ嬢が数百万という大金を稼ぐのは、まず無理だと考えておきましょう。
もちろん、高級なボトルを大量に入れてもらえることはあります。
普通にキャバクラに在籍していれば、ボトルを入れたバックが給料に加算されますが、キャバクラ派遣ではそれが無いのです。
毎月数百万を稼ぐナンバーワンキャバ嬢を目指すのであれば、キャバクラ派遣はおすすめ出来ません。
それよりもキャバクラへ普通に在籍して、営業やノルマをクリアしつつ自らの地位を築いて行くべきでしょう。
もし、空いた時間で少しお金を稼ぎたい、気軽にマイペースに稼ぎたい、という気持ちが強いのであれば、キャバクラ派遣はぴったりとなります。
自分の目的が大金を稼ぐことなのか、それとも空いた時間に稼ぐことなのかを、しっかりと考えてみましょう。

スキルが身に付かない

さて、次に挙げられるキャバクラ派遣のデメリットは、スキルが身に付かないことです。
キャバクラ派遣のキャストは、忙しい時に呼ばれる一時的なサポートです。
そのため、仕事の内容は基本的にメインのキャバ嬢のサブ、ヘルプとなります。

補足のためにヘルプがどのような存在か説明しましょう。
ヘルプとは、お客様から指名を受けているキャバ嬢が別のテーブルに呼ばれて移動した際に、戻って来るまでの繋ぎの接客をするキャストのことを指します。

ヘルプのキャストはあくまでも繋であり、お客様を不快にさせないことが第一の仕事となります。
そのため、会話の内容も無難なものに絞らざるを得ず、あまり冒険ができません。
その結果、会話のレパートリーや幅を広げていくことがなかなか難しかったりします。

確実に仕事がある保証が無い

まだまだデメリットは存在しています。
キャバクラ派遣は空いた時間に、好きなように働けるのが魅力でありメリットです。
ただし、必ずしも空いた時間にキャバクラで働けるとは限らないのです。
キャバクラ店からヘルプ募集の依頼が派遣会社に来ていなければ仕事がありませんし、時間帯や曜日によってその差は激しくなります。
勤務地が遠くて行くのが大変なケースもあるでしょう。
確実に仕事がある保証が無いのが、キャバクラ派遣のデメリットと言えます。
自由とストレスフリーの引き換えに、確実に働ける安定を代償としているのです。

こうしたデメリットを回避するには、なるべく広範囲で多くの店舗と契約しているキャバクラ派遣会社に登録するのがポイントです。
利用するキャバクラ店が多ければ多いほど、ヘルプの依頼が多くくる可能性が高くなります。
また、複数のキャバクラ派遣に登録しておくのも有効なので、必要に応じてやってみてください。

違うお店で働く煩わしさ

さらに、違うお店で働く煩わしさ、というデメリットもあります。
お店によって細かいルールが違っていることも多く、とある店では絶賛された行動が、他の店では失礼な行為とみなされる極端な例すら存在します。
毎回違う人から指示を受けることになりますし、仕事の内容も微妙に違っています。
臨機応変にそのキャバクラ店に順応する能力が求められるのを覚えておきましょう。
しかし、人間関係の悪化を後々に引きずることは無いので、その点はメリットになります。

キャバクラ派遣にはこのようなデメリットが存在していますが、大切なのは自分の目的です。

キャバ嬢としての成功を目指すのであれば、お店に在籍して大金を稼ぐために努力するのが良いでしょう。

高収入のアルバイトとして月に数十万を稼ぎたいのであればキャバクラ派遣は最適です。
目的に合わせてうまく利用するのが大切なので、その点をしっかりを把握しておきましょう。