キャバクラではキャバ嬢同士で盗難トラブルが発生する場合があります。

キャバ嬢必見!貴重品を盗まれないようにするための対策

キャバクラはキャスト同士の盗難が多いです。大金は持ってこない事や、お札は仕事中の手荷物に入れたり、鍵付きのカバンを持ってくるなど対策を取りましょう。

貴重品の管理はしっかりと!

貴重品をしまうロッカー

キャバクラで働くなら、貴重品の管理をしっかりしないといけません。
控え室など店舗内での盗難が多い業界なので細心の注意を払いましょう。

キャバクラの控え室は鍵付きロッカーがあるとは限らない

キャバ嬢は、お客さんのテーブルにつく時の荷物は最低限のものにしないといけません。
通勤時に使用したバックや私服、財布などは全て控え室に置いてこないといけません。

店舗によってはキャストがホールで接客するときにスマホの持ち込みを禁止しているケースもあります。
控え室に鍵付きロッカーがあれば安心ですが、そこまでセキュリティが整っている店舗はごく一部です。

最悪のケースはロッカー自体がなく、私物は全て部屋の隅にむき出しで置かないといけない場合があります。
ロッカーがあっても人数分用意されていない事が多く、ベテラン以外はロッカーを使えないこともあるのです。

キャバ嬢同士で盗難がおこる理由

キャバクラでの盗難の大半はキャバ嬢同士によるものです。
キャバ嬢が同僚の金銭や私物を盗難するのは次の理由があります。

  • お金が欲しいから
  • 盗難癖が付いている
  • 妬み
  • 新人イジメ
 

キャバ嬢はお金に困っている人が多く、真面目に生きてきてない人が多い傾向があります。
また競争や派閥争いが激しい業界なので、金銭目的ではなく妬みやイジメなど嫌がらせ目的で盗みをするケースもあります。

盗難被害で多いのは現金ですが、中には財布丸ごと持っていかれたり、スマホやブランド品を盗まれる場合もあります。
特に新人や、日頃から先輩に厳しい態度で接しられている人、成績が優秀な売れっ子は注意しましょう。

万が一盗難被害に遭ってしまったら

盗難被害に遭ったら、キャスト同士で「誰か私のお金盗ったでしょ!?」と直接責任追求をするのはやめましょう。

まず名乗り出る犯人はいませんし、イジメや妬みを目的にしている犯人であれば、騒ぐ事を楽しんでいる事もあります。
できれば、こっそりとボーイや店長に相談してみるようにしましょう。その店舗で勤務して間もない場合は、盗難によるトラブルがよく起こっているのかも確認しておきましょう。

盗難被害にあえば、今後の防止策を取る事ができても取り戻す事は困難です。

盗難対策の方法

鍵付きロッカーがある場合は確実に施錠をすれば盗難リスクは最小限に抑えられます。
鍵付きロッカーが無くても、ロッカー自体があるのであれば、荷物は強引にでもロッカーの中にしまって露出させないようにしましょう。

また、盗難のリスクが少しでもある場合は、大金は絶対に持ってこないようにしましょう。
できれば5千円札以上は持ってこないか、財布とは別にカバンの奥へ隠すか、仕事中の手荷物で持ち歩くようにしましょう。
ほかにも、ブランド品やスマホなども控え室で露出させたり、カバンから取り出しやすい場所にしまっておくのはやめましょう。

できれば、鍵付きロッカーがないのであれば、鍵付きのカバンに荷物をしまっておくと安心です。
ファースナーが2つあるカバンであれば、南京錠を付けると効果的な防犯対策になります。