覚えやすく、読みやすく、本人のイメージと合う源氏名がお客さんのウケを良くします。

キャバクラ派遣で働くときの源氏名の決め方

お客さんにウケの良い源氏名は覚えやすく読みやすい、見た目に合う名前です。キャバクラで働く上で大事なものなので慎重に決めましょう!

お客さんウケの良い源氏名

ピンク色の名刺入れ

キャバクラで働くにあたって、ほとんどの女の子に必要となるのが源氏名です。
もう一人の自分が誕生する記念すべき瞬間でもあります。
特にこだわりが無ければキャバクラ店の店長に決めてもらうのも良いでしょう。

ですが、もう一人の自分な訳ですから、源氏名はしっかりと考えて決めた方が良いです。
別のキャバクラ店に行っても使えるように、オリジナリティーを出すのもポイントでしょう。
そして、忘れてはいけないのがお客さんからウケの良い源氏名<を付けることです。

源氏名は自分を表す大切な名前であり、お客さんに愛着を持ってもらうものでもあります。
どのようなポイントを押さえれば、お客さんからウケが良くなるのか考えてみましょう。

覚えやすい名前

最初に気を付けたいのが、覚えやすい名前であることです。
すぐに読めないような名前を付けるのは止めておきましょう。
世間で言われるキラキラネームは、源氏名には向かないのです。

なぜなら、キャバクラに来るお客さんは30代から50代が基本となるからです。
その世代は奇抜な名前に抵抗を感じる方もいますし、なにより覚えてもらいづらくなります。

自分の特徴にあった名前

次に注意したいポイントは、自分の性格やルックスを加味した名前にすることです。

自分に合った源氏名にしておけば、お客さんにすんなり覚えてもらえるようになります。

覚えやすく、読みやすく、本人のイメージと合う源氏名がお客さんのウケを良くします。
お店の雰囲気やコンセプトも意識した源氏名にするのも大切です。

自分が在籍するキャバクラ店に来るお客さんがどのような人なのか、何を望んでいるのかを考えてみてください。
若い女性と遊びたいのか、一流の接客を望んでいるのか、それを理解すればお客さんにウケる源氏名が決まるでしょう。

「あ」から始まる源氏名はアツい

最後に、おすすめの源氏名の法則として「あ」行で始まる名前が挙げられます。
あみ、あずさ、あや、あゆ
などなど「あ」で始まる名前の候補はたくさんありますが、なぜこれがおすすめかと言うと、電話帳などに登録した際に目に付きやすいからです。
電話帳で名前を見たのをきっかけに思い出してもらったり、見えない部分で名前が役に立つ恩恵を受けることが期待できます。

このように、源氏名を決めるには様々な面から最適なものをピックアップしていく必要があります。
そしてなにより大事なのは自分の名前として愛着を持てることです。
源氏名は自分の価値を決める大切なものなのです。名前を決めたらドレスなどを揃えればいつでも働けます!