モチベーションを保つためには仕事のオンオフを分けることが重要です。

キャバ嬢のモチベーション管理~目標を立てること~

キャバ嬢がモチベーションを維持するコツは、給料や成績、自分へのご褒美で目標を立てたり、仕事のストレスを最小限に抑える取り組みをする事です。

キャバ嬢のモチベーション維持のコツ

モチベーションを維持する女性

キャバクラ勤務の難しいところはモチベーション管理です。
キャバクラのお客は曲者もたくさん訪れますし、キャスト同士の人間関係も悪く雰囲気が悪い職場も多いです。そのため、どうしてもモチベーションに波が出てしまいます。

一度モチベーションが下がると、仕事が休みがちになったり、100%の接客ができないのでお客が逃げていってしまうリスクがあります。
キャバ嬢のためのモチベーション維持の方法やコツをまとめました。

給料計算、通帳の確認(ポーチ)

キャバクラで働く最大のメリットは高収入です。
指名やドリンク、同伴で頑張れば歩合給が付きますし、成績が上がれば時給も上がります。

毎日仕事で得た収入を給料計算して手帳に付けたり、給料が振り込まれた口座の通帳をチェックして、お金を餌にモチベーションを維持させていきましょう。
お金でモチベーション管理するコツは、毎月最低でも一定額以上は貯金するマイルールを作って、月々着実に貯金を増やしていく事です。

目標を立てる

キャバクラで好成績をあげるには目標が必要です。
売上や成績上位に入る事を目的にしたり、貯金や定期的に連休を取って旅行を計画するなど、お金を稼ぐ事への目標を設定するとよいでしょう。
できれば、長期的な目標と短期的な目標など、複数の目標を設定しておくとよいでしょう。
自分へのご褒美も大切ですが、お金を使う事でモチベーション管理をすると貯金が作れなくなってしまう場合もあるので注意しましょう。

美を追求する

キャバ嬢は女性としての魅力を売りにする職業です。
ドレスやヘアセット、メイク、ネイルなど美を心がけて、綺麗な自分を演出する事でモチベーションの向上につながります。
自分自身で可愛いと思えたり、客から褒められると仕事のやる気も上がっていくものです。

愚痴を吐き出す

キャバクラは華やかな世界ではありますが、実際に働いてみると、嫌な客やキャスト同士の人間関係など不満がたまる事も多いです。
不満を溜め込んでいくとモチベーションが下がってしまうので、信頼できる同僚や仕事以外の友人、彼氏など愚痴を吐き出す相手を作っておくとよいでしょう。
ただし、キャバクラは陰口も多い業界なので同僚に仕事の愚痴や誰かの悪口を話すときは、信頼できる相談や愚痴を言い合う相手を見定める事が重要です。

仕事を楽しむ

キャバクラの客の中には、気を遣わなくてもお互いに楽しくお酒を飲める人もいます。
良いお客のテーブルにつく時は、ある程度リラックスして、その場を楽しむ事も大切です。
ドリンクやフルーツなどお金をたくさん落としてくれる客だけではなくて、接客していて嫌ではない相手を選んで重点的に営業をかけるのもいいでしょう。

トーク力を高める

キャバ嬢は、トーク力で客側の心を開いてもらったり、良いお客に成長させる事ができます。
自分でそのテーブルやお客をコントロールできれば、セクハラや暴言被害に遭う事も少なくなってきます。
先輩のトークや立ち振る舞い、客との実践のコミュニケーションでキャバ嬢としてのスキル向上を心がければ、自然と仕事がしやすい環境を作れるようになります。

仕事のオンオフをしっかりする

キャバ嬢は、日頃からお客との営業電話やメールを行ったり、12月の繁忙期は休みが取れないなど生活が仕事一色になりがちです。
常に頭の中に仕事があると、だんだん精神的に追い込まれていくので、しっかり仕事のオンオフを付けておくようにしましょう。
営業メールや営業電話をする時間は1日の中の限られた時間に限定したり、仕事用の携帯を用意して電源を切る時間を作るようにしましょう。
12月の繁忙期などは、どうしても休みが取りづらい環境ですが、その分閑散期は休みを多めに取ったり、12月以外は週に数日は定期的に休むなどメリハリがある生活を心がけましょう。