キャバクラで働くならドレスに似合う小さなバッグ(ポーチ)が必需品です。

小さなバッグ・名刺入れは必須!キャバ嬢が用意するアイテムとは?

キャバ嬢必須アイテムは、小さいバック(ポーチ)、名刺入れ、ライター、ボールペン、ハンカチなどが定番アイテムです。体験入店の段階からある程度は自分で用意しておきましょう。

キャバ嬢の必須アイテム

タバコとライター

キャバクラでキャストとして働くには、自分で最低限用意しないといけない必須アイテムがあります。
体験入店やキャバクラ初勤務の方は、お店が全て用意してもらえると思って、何も用意しない子もいますが、最低限の必需品は抑えておくようにしましょう。

キャバ嬢必須アイテム

・小さいバック(ポーチ)

キャバ嬢は、指名やボーイの指示に従って頻繁にテーブルを移動します。
その際にアイテムを持ち歩くための小さいバックが必要です。
ドレスに合う華やかなバックを用意しておくとよいでしょう。
バックは仕事以外でも使えるので、スマホや名刺入れ、小さい手帳など、ちょっとした荷物が入るおしゃれな仕事用バックを用意しておきましょう。

・名刺入れ

名刺はキャバ嬢の必須アイテムです。
名刺自体はお店が用意してくれたり、提携している名刺屋さんを紹介してくれます。
新人や体験入店の場合は、名前が空欄で店舗情報が書かれた新人用の手書き名刺が用意されています。
しかし、名刺入れまでは用意されていません。
名刺を出す時やお客の名刺を受け取った時にしまう名刺入れを用意しておきましょう。
高級店に勤務する場合を除いて、特にブランド品やフォーマルの名刺入れを用意する必要はありません。
100円均一などで売っている簡単なものでもいいですし、可愛さを重視して名刺入れを用意したり、アルミ製の名刺入れを自分でデコレーションする子などもいます。
通販サイトで売っているキャバ嬢向け名刺入れが人気です。

・ライター

キャバ嬢は常にライターを持ち歩いて、お客がタバコを加えたら火をつけてあげるのが最低限の接客マナーです。
ライターもお店の敷居によって違います。セット数千円程度のキャバクラであれば、100円ライターでも問題はありません。
逆にジッポなどを使用する場合は火力の強すぎに注意が必要ですし、オイルや石のメンテナンスを怠ると肝心な場面で火を付けられない場合があります。
ライターにこだわるにしても、電子式の平凡なタイプのライターが無難です。
できれば、ポケットや卓上、胸元に忍ばせておくメインと、カバンの中に1つは予備を用意しておくと安心です。

・ボールペン

客との話の中で何かをメモする場面が出てきます。
特に名刺に連絡先を書いていないと、連絡先交換を求められる場合が多いです。
体験入店など連絡先を教える気がない場合でも、客に連絡先を書いてもらって受け取るくらいはしないと納得してもらえません。
そのためにも、ボールペンなどの筆記用具は必須です。
名刺にメモを取るスペースが多い場合はボールペンだけあればいいですが、色や模様付きの名刺など、メモを取るのが難しい名刺を使っている場合は、小さいメモ帳も用意しておくとよいでしょう。

・ハンカチ

キャバクラは、おしぼりが多数用意されていますが、最低でも1枚はハンカチを用意しておくと便利です。
場面に応じて、おしぼりではなくハンカチを使うと客に好印象を与える事ができ、下着が見えないようにハンカチを被せて隠す使い方もできます。
ハンカチは白やピンクで綺麗に折りたたまれた清潔感が高いものを持っておくとポイントが高いです。

その他

メイク道具や、リップ、目薬、スマホ、スマホ充電器など必要と感じるものはポーチに入れておきましょう。
ただし、カバンの中が荷物だらけで、何かを取り出すのにガサガサやっているのは印象が悪いです。
持ち歩き用と、待機室の置いておく用の荷物で区別して、カバンの中は最低限の物でスマートに抑えましょう。