男性ウケが良いドレスは色も大事ですが脚の見せ方がとても重要になってきます。

【キャバクラ】キャバ嬢が選ぶべき男性ウケの良いドレス

男性ウケの良いドレスは、脚の見せ方を重要視して、あとは自分のスタイルに合わせて胸元やボディーラインを綺麗に見せるようにしましょう。適度な露出に抑えるのがポイントです。

男性ウケの良いドレス

キャバクラのシャンデリア

キャバクラで働くにはドレス選びが非常に重要です。
キャバクラは男性が高いお金を払って利用する非日常的空間です。
ありふれた平凡なドレスではなく、個性があり適度に露出も多いキャバクラらしいドレスを選ぶようにしましょう。
ドレスのチョイスによって見た目の印象が変わって、売上が伸びる事もあります。
ここでは、キャバクラで働くための男性ウケの良いドレスの特徴を紹介します。

~男性ウケの良いドレス~

ドレスは着るキャスト自身のセンスや好みもありますが、それを見る男性もそれぞれに好みがあります。
キャバクラは1日で多くのお客の接客をするので、自分が気に入るかだけではなく、なるべく多くの男性から受け入れられるドレスを選ぶとよいでしょう。

脚の見せ方が最も重要

男性ウケの良さを考えると、胸やお尻を真っ先に意識する方が多いですが、男性ウケの良いドレス選びで最も重要なのは脚の見せ方です。
胸やお尻は、男性によって大きいのが好きな人や、小ぶりが好きな人、大きすぎが嫌いな人がいます。

それに対して脚は多くの男性が美脚を好みます。いくら胸やお尻に自身がある人でも、太めの脚が大きく露出していると男性の印象は一気に悪くなります。
脚に自信があるのであれば、ミニスカートや大胆なスリットが入ったドレスで自慢の美脚をアピールしましょう。
脚に自信がなければロングスカートなどで隠して他の部位でアピールをするようにするとよいでしょう。

胸元は適度な露出を

男性は谷間を大きく露出されたセクシーなドレスを好みます。
しかし、話し相手として接するキャバ嬢は必ずしも露出が多ければ男性ウケが良いとは限りません。
逆に胸や背中、お腹など露出が多すぎるとビッチな印象を持たれてしまうリスクも出てきます。
逆に露出が少なくても清楚な感じが出れば好印象を持たれる場合がありますし、常時谷間が見えている時よりも、少しかがんだ時に谷間が見えるくらいの方が喜ぶ男性もいます。
胸元の見せ方に関しては、適度な露出を意識しておくとよいでしょう。

ドレスの色は、白か黒が無難

ドレスは色によって、着る人の印象を大きく変えます。
キャバ嬢は同じ店舗で勤務する場合、毎日同じドレスを着るわけにはいかないので、カラーバリエーションもいくつか揃えておく事が望ましいです。
こうした中で、男性ウケの良いドレスの色は定番の白と黒です。それぞれ暖色が入っていないので着る人が際立つカラー効果が期待できます。
白であれば、かわいい系や清楚系、黒であればシックな印象をイメージしてドレスを選ぶとよいでしょう。
そのほか、青、赤、ピンク、緑など自分に似合う色を選ぶ事が大切ですが、蛍光色の明るすぎる色ではなく、薄めの色深い色のドレスを選ぶと好き嫌いが分かれるリスクが軽減されます。

キャバ嬢として長く働くのであれば、ドレスは消耗品

キャバクラの仕事を続けていくのであれば、ある程度はドレスを定期的に買っていく覚悟が必要です。
高級品を買えば長く使う事もできますが、デザインや流行、気分転換などで定期的に新しいドレスを買う事はモチベーション管理や客、店舗スタッフの印象をよくするためにも大切です。
慣れないうちは、いきなり高級品を買わず、格安ドレスやお店で用意しているレンタルドレスを着たり試着をして、自分がどういったドレスが似合うか見定めていきましょう。

自分が気に入るかだけではなくボーイ自分の事をいつも指名してくれる客に、どういったドレスが似合っているか聞いてみるとよいでしょう。
ドレスは高級品はいい値段がしますし、水商売用のドレスは仕事以外では着れないものがほとんどです。
それでも、ドレスは消耗品と割り切って失敗も覚悟でいろいろなドレスを試していく事も大切です。