朝キャバと昼キャバは学生やシングルマザーが働きやすいメリットがあります。

朝キャバと昼キャバのメリットや給料のまとめ

朝キャバ・昼キャバとは、夜キャバの店舗で早朝から昼・夕方にかけて営業するキャバクラです。夜キャバより稼げないですが働きやすいメリットがあります。

昼キャバ・夜キャバとは

黄色のキャバクライメージ

キャバクラ業界で近年大きく成長しているマーケットが「朝キャバ」と「昼キャバ」です。
夜キャバとの違いや、朝キャバ・昼キャバで働くメリットや特徴をまとめました。

    ~朝キャバ・昼キャバとは~

朝キャバ・昼キャバは名前のとおり、朝や昼に営業するキャバクラです。
夜キャバを運営する店舗をそのまま利用して、サービス内容は夜キャバと変わりはありません。
朝キャバは早朝から開店します。夜キャバの営業を一度閉めて数時間のインターバルを経て新規オープンします。 昼キャバは主に朝キャバからの連続営業になります。

夜キャバとの違いは客層の違い

朝キャバ・昼キャバと夜キャバとの最大の違いは客層です。
特に朝キャバは、他店舗のボーイやホスト、オーナーなどの同業者や飲食店関係者が多く訪れます。
全般的に、トークが面白く適度に距離感を持って接してくれる方が多いです。こうした扱いやすい客層が多いのでキャストが働きやすいメリットがあります。
昼キャバは朝キャバからそのまま残る客や、比較的年配の客や大人しい性格の客層が多い特徴があります。
>夜キャバ同様お酒を注ぐ仕事ですが、泥酔する客が少なく騒ぐような飲み方が苦手な方でも働きやすく、生活リズムが乱れないメリットがあります。

朝キャバ・昼キャバの給料

時給単価は、夜キャバより低いです。
ドリンクや指名・同伴などのマージン比率は夜キャバと同等の所が多いですが、夜キャバよりお金を落とす客が少ないため、稼ぐ観点では夜キャバの方が効率がよいです。
朝キャバや夜キャバは本来夜のみの営業をしているキャバクラ店舗のアイドルタイムを補うために営業されています。
そのため、朝キャバ・昼キャバで収益を大きくあげようとしているオーナーが少なく、同伴がしづらい時間帯も考慮されてノルマを課していない所が多いです。
成績が低くて圧力をかけられる事もなく、自分のペースで楽しく働く事ができます。
服装は原則ドレスになりますが、夜キャバのように露出が少ないドレスや安物のドレスでも服装で指導される事も少ないです。

朝キャバ・昼キャバで働くキャスト

朝キャバ・昼キャバは時間の問題や一度夜の店舗を閉めてリセットする特性から、夜キャバから連続勤務するキャストは少数で、ほとんどの方が朝キャバ・昼キャバ専門で勤務しています。
学生や主婦・シングルマザーなど夜勤務が難しい方や、一度夜キャバで働いて、お酒の飲み方や競争、人間関係で楽しく働けなかった方が流れてくる傾向があります。
短時間勤務に応じてくれるお店が多く、朝~昼まで通し勤務や2~3時間程度の短時間勤務などシフトを柔軟に対応してもらえます。