名刺を求められたり電話番号やLINEを聞かれたら、「浮気したら怒られますよ」と言いましょう。

ヘルプなのに連絡先を聞かれた…うまく断るための対処法

ヘルプ時に連絡先を聞かれたら浮気しないように優しく注意しましょう。断り方のコツを知っておくとキャバクラ派遣の仕事がさらにやりやすくなります。

ヘルプなのにお客さんに連絡先を聞かれた時の対処法

雰囲気のあるバーカウンター

キャバクラ業界には暗黙のルールが存在しています。
代表的なのは、他のキャバ嬢を指名しているお客さんと連絡先を交換はしないことです。
これは絶対にNGで、担当のキャバ嬢だけでなくお店のスタッフからも注意を受けるのはもちろん、悪質な場合にはお店を即刻クビになってしまいます。

絶対に断りましょう

ですが、そうしたキャバクラにある暗黙のルールもお客さんにとっては関係がありません。
指名した子が人気であれば、他の席へ呼ばれる割合は多くなるでしょう。
そうなればつなぎとしてヘルプを担当するキャバ嬢が増えるのは当然です。
もし、ヘルプなのにお客さんから連絡先を聞かれた時は、絶対に断るようにしましょう。

浮気しないようにやさしく注意

連絡先を聞かれた時の対処法としては、指名しているキャバ嬢の名前を出して浮気しないように釘を差す方法です。
名刺を求められたり、電話番号やLINEを聞かれたりしたら、浮気したら怒られますよ、と可愛く注意しましょう。
この対処法で、ある程度の男性は身を引いてくれるようになります。

しかし、お客様がかなりのお酒を飲んでいて泥酔していることも少なくありません。
酔いが回っている状態だと、どうしても冷静な判断が出来なくなってしまっています。
しつこく連絡先を聞かれて、断りにくくなってくる状況もあるでしょう。
そうした場合は、場を収めるために連絡先を教えてしまいがちです。
でも、それはルールを破ることになるので後々問題になってしまいます。

お店のスタッフに相談

イライラする気持ちを表に出さないようにしつつ、連絡先の交換は出来ないと返答しましょう。
どうしても断り切れないのなら、お店のスタッフに相談すると良いです。
事前に何の断りも無く連絡先を交換すれば、それがどのような理由であっても怒られます。
お客さんを奪うつもりだったと思われても仕方が無いのです。
ヘルプの役割とは、指名のキャバ嬢が居ない間にお客さんを楽しませることです。
それ以上でもそれ以下でもあってはいけないのです。

ヘルプの立場で指名客を奪ってしまうと確実にトラブルに

お客さんに好意を持って貰えるのは嬉しいことですが、それは指名のキャバ嬢が居ない人に限ります。
ヘルプの立場で指名客を奪ってしまうと確実にトラブルが起こります。
キャバクラとは人の出入りが激しい業界です。
ヘルプの立場をしっかり貫き通しておけば、指名を持っているキャバ嬢が辞める時にお客さんを紹介してもらえるかもしれません。
その瞬間を待つのが、キャバクラ業界で生き残るコツだと言えるでしょう。