お客さんのアフターを断る場合は事前に言い訳を考えておくことをオススメします。

キャバクラ|キャバ嬢の上手なアフターの断り方

キャバクラで働く場合、客にアフターを誘われることもありますが、上客や次回に繋がる客ならメリットはありますが、そうでない場合は断りたいキャバ嬢も多いはずです。ここではアフターの上手な断り方や上客への繋げ方についてまとめました。

アフターの上手な断り方

アフターの風景

キャバ嬢は店舗での接客だけではなく、同伴やアフターで客と会うこともあります。
同伴は売上につながり、お店からも同伴のノルマを課される場合があります。
同伴は食事代が浮き、出勤時間に一緒にお店に行くので危険性も少なく、キャバ嬢として頑張っていくのであれば、同伴を受け入れないといけない部分があります。

しかし、アフターに関しては行くかどうかはキャスト次第でノルマもなければ成績にもなりません。
さらに、お店が用意する送りも利用できないデメリットがあります。

アフターに行くメリット

キャバ嬢からしてみれば、アフターに行く直接のメリットはありません。
それでもキャバ嬢がアフターについて行くのは次の理由があります。

  • 上客との関係強化。アフターを次回来店の売上につなげる
  • 単純に楽しいと一緒に遊んで楽しいと思える客だから
  • 延長と指名、ドリンクを入れてくれる交換条件として
  • 断りきれず・・・
 

キャスト本人が行きたいと思ってアフターに行くのであればいいですが、断りきれずアフターに行く流れだけは絶対に避けたい所です。

アフターの上手な断り方

アフターを断る場合は、まずは自分の考えをまとめましょう。

上客であればアフターを検討するのか?
アフターは全て断りたいのか?

キャバクラの客は意外と客同士で繋がっていたり、複数回の来店で前回話した内容を忘れてしまうものです。
そのため、客によってアフターに付き合うか検討したい場合は、その日はダメといった理由を用意しなければいけません。
アフター自体を全て断りたいのであれば、何かアフターが難しい言い訳を作っておくことも効果的です。

「明日朝から仕事だから」は使わない

キャバ嬢がアフターを断る言い訳の定番ですが、逃げきれず追い込まれる事もあるので、仕事を言い訳にするのはやめましょう。
キャバ嬢は昼夜のダブルワークで働いている方も多く、実際に翌日仕事がなくても言い訳にする事ができます。
しかし、客側も「俺も明日仕事だから」と強引に丸め込んでこようとする場合もありますし、「じゃあ休みはいつ?何曜日に来ればアフターに付き合ってくれるの?」と突っ込まれます。

一度、翌日の仕事を理由に断った以上、昼の仕事の休み前日などと言われると断るのが難しくなって断りづらくなってしまうので注意しましょう。

上客にもっていく

上客とだけアフターを許して、なおかつ上客を増やしたいのであれば、アフターの誘いはチャンスです。
もちろん、新規やお金を落とさない客のアフターに応じる必要はありません。
また、適度な固定客としての重要性を感じないのであれば、アフターの誘いに対して次のように強気な対応をしてもいいでしょう。

「もっと指名してくれているお客さんもアフターは断っているので・・・」
「いきなりアフターじゃなくて、まずは今度同伴してください」
「もっと定期的に通ってくれるようになれば、アフターも行きますよ」
「じゃあ、最後にシャンパン入れてもいいですか?」

こうしたやり取りをした場合、お客が相応のお金を落とした場合はアフターに応じなければいけません。
お金を使わないと同伴しないスタンスを取れば、大半の客はそこで引きます。
期待をもたしてアフターに応じると危険度が増すので、同僚で仲間を作ってお互いに複数名での同伴に応じるネットワークを作っておくと安心です。

一度だけ、断りたいなら体調不良を理由にする

新規客など、その日だけとりあえず断ればいいという場合は体調不良を理由にするのが無難です。
元気にお酒を飲んでいても、「ここの所多忙で・・・」、「今日は疲れたので休みたいです」などと体調を理由にすれば、ほとんどの客はひいてくれます。
体調不良を訴えても、しつこく言ってくる客は「ヒドイです・・・」、「今日は絶対に無理なんです」と強気に返してしまって問題ありません。

アフターを全て断る場合

全てのお客にアフターを断る場合でも「行きたくないから」と正直な回答はNGです。
嘘でもいいので、何か家庭の事情を用意しておくとよいでしょう。

「親と同居でキャバクラではなく居酒屋勤務にしている事になってて、仕事帰りは真っ直ぐ帰る約束をしている」
「昼の仕事が遠くで早朝に家を出ないといけない。休みも不定休」
「ペットを飼ってて、餌を待ってるので早く帰らないといけない」

自分の中で何か設定を作って、いつも同じ理由で断るようにしておくと無難です。
以外とお客はキャバクラの閉店後も街中をうろついている事があります。
同伴を断って、他の客のアフターや同僚と遊びに行くような事はしないように注意しましょう。