東京でのエリア別でのキャバクラの特徴をまとめました、自分に合った街のキャバクラで働くのが大事と言えます。

キャバクラ業界のエリア毎の特徴まとめ

キャバクラには、エリアごとに様々な特徴があります。その特徴を知ることで、自分に合ったお店選びがしやすくなります。

キャバクラ業界エリア毎の特徴

華やかな笑顔の女性

一口にキャバクラと言っても、その特徴はエリア毎に異なっています。
キャバ嬢の雰囲気も違えば、お店のコンセプトや料金設定もエリアによって違うのです。
そんな奥が深いキャバクラ業界の特徴を、エリア毎にまとめてみたいと思います。

六本木エリア

高級感が溢れ、有名な芸能人や大企業の役員が集まる場所、それが六本木エリアです。
六本木のキャバクラは華やかさに掛けては他の追従を許さないでしょう。
アイドルやモデルに引けを取らないレベルのキャバ嬢が多いのも特徴です。
女性のレベルが高く、高級感に溢れているのが六本木なのです。

客層も富裕層が多く、他の街に比べて客単価は圧倒的に高くなっています。
容姿や接客に自信があるキャバ嬢にとっては一番稼げるエリアですが、キャバクラ派遣とは馴染みにくい街でもあります。キャバクラ派遣の特徴でもある「気軽さ」が六本木という街の空気とはそぐわないことが多いのです。

銀座エリア

一方、銀座エリアといえば、キャバクラよりもクラブというイメージが強いかもしれません。しかし実は銀座にも普通のキャバクラはかなりの数があります。
客層はサラリーマンが中心で、接客に特別なスキルを要するようなこともありません。
キャバクラ派遣を利用する店舗の割合は他に比べて低めですが、しっかりとしたお店が多く女の子に人気のエリアです。

新宿エリア

新宿エリアはキャバクラの発祥地だけあって、日本最大のキャバクラ街と言っても過言ではありません。
完全予約制になっているキャバクラがあるほど人気のお店もあり、大きなホールでショーを行う場所もあります。
プロ意識の高いキャバ嬢からお気楽なキャバ嬢まで、実に様々なタイプが存在しているのも特徴でしょう。

新宿には地方のキャバ嬢が上京して集まって来ている経緯もあり、非常にハイレベルな人材がそろっています。
地方でナンバーワンだったキャバ嬢が、お店に集結しているとイメージすれば分かりやすいでしょう。
お客様は新宿のサラリーマンや地方から東京へ出張に来ている人です。
スーツの着用率が高く、客層が幅広いのが新宿のキャバクラです。

ちなみに、新宿には膨大な数のキャバクラがあるため、キャバ嬢の移籍が簡単という特徴があります。
人気キャバ嬢が移籍すると、それに付いて行くように大口のお客様が移動するなんてことは普通です。
それによってお店の経営が傾く場合もあるので、キャバ嬢の影響力がいかに強いかが分かるものでしょう。

渋谷エリア

渋谷エリアでは、街のイメージそのままのギャル系のキャバ嬢が多くなっています。
上品な会話ではなく、まさに感情の赴くままに楽しく過ごすのが渋谷のキャバクラでしょう。
若いキャバ嬢が主流となっており、プロという意識よりもアルバイト感覚の方が強くなっています。
接客のノリが軽いので、ざっくばらんに会話をしたいと思うお客様が集まる傾向にあります。
料金も比較的安めに設定されており、若い男性が来ることも珍しくはありません。
大騒ぎするようなノリがあり、ゲームやカラオケを行うキャバクラも多いです。

渋谷のキャバ嬢はアルバイト感覚が強いため、店外デートや営業トークは少な目です。
実際、指名や同伴のノルマを課していないキャバクラがほとんどで、その場で楽しく盛り上がれるかを重視しています。
疑似恋愛を楽しむような大人のキャバクラとは違い、その場のその瞬間を楽しむのが渋谷のキャバクラなのです。

池袋エリア

最後は池袋のキャバクラですが、ここはショーを行っている場所が多いです。
キャバクラと聞くとお客様の隣に座ってお酒や会話を楽しむイメージがあるでしょう。
しかし、池袋のキャバクラではステージの上で歌って踊るパフォーマンスを行う場合があるのです。
マジックショーを行ったり、音楽の演奏が行われたりと、エンターテインメント性に富んでいるキャバクラです。

ただし、キャバ嬢のレベルはお店によってマチマチとなっています。
容姿もそうですが接客のレベルも低い場合があるので、お店の当たりと外れが多いと言われています。
歌や踊りなどの特殊技能を求めているため、容姿や接客レベルが下がってしまうのかもしれません。

キャバクラと言っても、そのエリアの歴史や伝統によって雰囲気は大きく変わります。
自分が理想とするキャバクラで働くためにも、各エリアにどのような特徴があるかは覚えておくと良いでしょう。